コンテンツに進む
カート

代表の想い

製品の開発理由

人生は当然一度きりです。

でも50代、あるいは60代から、科学の発展も伴って従来の人生観とは違う人生を送ることができる時代になってきました。
つまり“人生を二度送る”ことができるようになったとも言えます。

60代から先、老いていく流れに身をまかせますか?
それとも、もう一度、明るい人生を送りますか?

製品を開発した理由は、私自身が100歳くらいまで元気で現役でいたいと考えたからです。
幸いなことに、私はスーパー銭湯に炭酸泉を導入するための試作機の段階から関わってきました。
また、製薬会社の学術部に勤務していた経験もあることから、“本当に必要なものは何か”を調査・研究する技術も身につけることができました。
その結果、行き着いたのが今回の製品「ジアレティア」「パワーミネラル」や炭酸泉入浴、歩き方の改善などです。

これらの製品と習慣で、健康で明るい人生を送れるものと信じています。

健康でいるために

イメージ写真

健康で明るい人生を送る、何よりも自分がそうしたい。
その思いで研究開発を続けること20年。
答えは意外と簡単なところにありました。

まずは健康でいること。

どうすればいつまでも健康でいられるか、その答えは人それぞれさまざまです。
こうすれば大丈夫という回答はありません。

人は生まれてから天性のものも経験も、運動能力、学習能力、社会性、潜在能力、新技術への適応性なども、どれひとつとっても同じ人はいません。
それでも、現段階で最も健康でいられる確率が高い方法として当研究所がおススメするのが次の4点です。

  • 血管を柔軟にする、血管が詰まらないようにする
  • 気力を維持、向上させる
  • 体力を維持、向上させる
  • 正しい姿勢、歩き方で歩く

これらを実現させるため、おススメする行動は以下の4つです。

  • スーパー銭湯に行く
  • プラズマローゲンをサプリで補充する
  • 微量ミネラルをサプリで補充する
  • 正しい歩き方を理解し、実践する

1. スーパー銭湯に行く

イメージ写真

多くのスーパー銭湯には高濃度炭酸泉、露天風呂、サウナ、内風呂、ジェットバス、休憩施設が備わっています。
特に、高濃度炭酸泉はただ入浴しているだけで血管年齢が若返る、つまり血管が柔軟になります。
動脈硬化の予防としては、血管を柔軟にすることと同時に詰まりにくくなるようにすることも大切です。
効果的な方法としては食事の改善が挙げられますが、実は食生活とストレスとは大きな関係があるんです。

ストレスを感じると、甘いものやカロリーの高いものを食べたくなりませんか?

人はストレスがかかると、血糖値をあげてストレスに対処しようとします。
それが甘いものやカロリーの高いものを摂取したくなる理由で、身体にとっては自然な反応です。
したがって、ストレスをそのままに食事の改善をしようとしても無理が生じてしまうので、スーパー銭湯でストレスを解消することが食事の改善にもつながるもっとも楽な方法だと考えています。

2. プラズマローゲンをサプリで補充する

イメージ写真

プラズマローゲンとは細胞膜中に存在する特殊な脂質の一種で、欠乏すると健康に悪影響を及ぼすと言われています。
脳内にもプラズマローゲンが存在しており、加齢とともに脳内のプラズマローゲンが減少することで脳ストレスを起こす原因となりますが、食事やサプリメントによる補給で改善されるとの研究報告があります。

実際、私はプラズマローゲンを摂取できるサプリメントを飲用したところ、睡眠の改善や気力、意欲の改善があったと感じています。

3. 微量ミネラルをサプリで補充する

イメージ写真

第一次世界大戦中にドイツにて窒素肥料の化学合成方法が開発されて以来、窒素、リン酸、カリウム、苦土(マグネシウム)の化学肥料が普及し、野菜の収穫量が飛躍的に上がり、人類に必要な食料や飼料が供給されるようになりました。

反面、健康維持や正常な体機能に重要な役割を果たす微量ミネラルについては、どういった農法であっても含有量は少なくなっています。

ただし、主要ミネラルと違って微量ミネラルはたくさん摂取すれば良いというわけではありません。
70種類以上もあるのでそのバランスが重要です。

そうした中、出会ったのがヒューミックシェールミネラル。
アメリカのユタ州にある古代植物堆積層「ヒューミックシェール」には、数千万年~数億年前から多くの栄養素が石化されずに有機物として奇跡的に残っており、加えて70種類以上の植物性ミネラルを含有するフルボ酸も豊富に眠っていると言われています。

ここから抽出したのがヒューミックシェールミネラルです。
私たちが開発したパワーミネラルには、このミネラルが含有されているので摂取しやすくなっています。

4. 正しい歩き方を理解し、実践する

イメージ写真

姿勢や歩き方は年々崩れてきています。
文明病と言って良いでしょう。
また、正しい歩き方に関する情報や実践する場もほとんどないのが現状です。
悪い姿勢、悪い歩き方を続けていると、歩けば歩くほど体を痛めることになります。

炭酸泉では動脈を柔軟にすることはできますが、静脈とリンパにとっては“正しく歩く”ことでしか活動できません。
歩き方は全身の血液循環を考えたときにおいても、大変重要です。

以上の4つの行動で、いつまでも若々しい心と身体を維持し、人生を楽しく送ることができると考えています。

その先に待つ、素晴らしい人生

代表写真

株式会社KGエンターテイメント
代表取締役 小倉 徹

私はスーパー銭湯を経営しており、お客様の多くが炭酸泉入浴を楽しむためにご来店いただいています。
ただ、私が感じるのは、皆さん押しなべて“姿勢が悪い”“筋力が足りない”という点です。

姿勢が悪いのは一目瞭然。
姿勢が悪いということは、歩き方も悪いということになります。

筋力が足りないのはどこでわかるかというとお尻の下側の皺です。
ここに皺がある人は足腰の筋力が落ちてきて歩行速度が遅くなります。
逆に、年齢に関係なく十分な運動能力のある人、つまり日常的に体を動かしている人はお尻の下に皺がなく、足の筋肉も一見してしっかりついています。
これは男女共通のようです。

私はこうした方々を日ごろから見てきており、元気な人生を送ってもらいたい、そのために生活科学研究所を開設しました。

多くの方に素晴らしい人生を送っていただきたい。
生活科学研究所の願いです。